2008年04月19日

A列車で行こうIVエヴォリューション(A.IV.EVOLUTION:PlayStation版)

一番最初に買ったゲームは「A列車で行こうIVエヴォリューション」でした。アートディンク:ソフトウェア一覧(A列車シリーズ)

A列車で行こうIVエヴォリューション(A.IV.EVOLUTION)はPlayStationの発売(1994年12月3日)と同時発売でしたが、当時浪人生でしたのでPlayStationは買いませんでした。しかし、発売直前になってマウスとマウスパットが同梱される限定セットが発売されると発表され、これだけを先に買いました。これは受験勉強を頑張るしかないですよね!
大学に合格してからPlayStationを買い、大学に行っているときも夜中も電源を付けっぱなしにして街を育ててました。

A列車シリーズを知ったのは友人宅で、彼はPC-9801シリーズを持っていて、このゲームは面白いよと見せてもらったのが最初です。ファミコンもパソコンも持ってませんでしたが、外で遊ぶことの方が多かったのですが、その綺麗な画面を見たときにとても印象に残りました。

あれから12年経った去年。
EZWeb版のA列車で行こうをダウンロード購入(売り切り。500円)して通勤中に遊んでました。
そして、更にPSP版A列車で行こうIVエヴォリューション・グローバルをPlayStationStoreで買ってしまいました。これは600円です。

基本的にJR山手線の様な環状線を作って、ビルとマンションを配置して放置すれば儲かるので、ゲーム内の銀行にお金を借りたり株式売買をしなくても、街を大きくすることは可能なゲームです。

しかし、人口を増やすのはなかなか大変です。結構、これが頭打ちになると負けた気がします。
シュミレーションゲームなのに。w

今日も夜な夜なPSPがACアダプタ付きで静かに動いているのです。

A列車シリーズは今年最新版の「A列車で行こう8」が発売されたようです。パソコンは付けっぱなしにするわけにはいかないので、購入はちょっと考えますね〜。



posted by おそえ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。